HOME

シドニーにて幼稚園の先生をしています。37歳独身女性が綴る海外の幼児教育の現場と海外就職の現状。そしてシドニーB級グルメと余暇の過ごし方。ワーキングホリデーで1年だけオーストラリアで過ごすつもりが気づけば在豪12年目。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ終了のお知らせ

osirase.png


ブログ終了のお知らせです。

この記事をもって、FC2で運営していた当ブログはおしまい。


こちらで、ちらっとお伝えしたよう、別サイトを立ち上げています。


4年前、わけもわからず始めたブログで、たくさんの友達ができ、チャイルドケアの後輩ができ、ワーキングホリデーや留学の相談にのらせていただき、間違えている日本語を注意していただき、


とても楽しく、充実したブログ生活でした。



当ブログに訪問してくださった読者さんのおかげで、私は「書く」楽しみを知ることができ、3日坊主を克服できました。




で、ですね。


最後にお知らせをさせてください。




1.このブログは更新はありませんが、そのまま放置しておきます。
お問い合わせフォームからメールを送っていただければ、必ず目を通して返信します。



2.ブログランキングもおしまいです。早ければ今日、明日中にはブログランキングのバナーは無効となります。

これね↓
にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 




3.ブログの更新がないので、その存在意義が問われますが、Facebook Pageはそのままとっておこうと思います。

Facebook Page ふくちゃんのたわごと



4.旅行サイトtripuuuのライター活動はノルマがないので時間と気力があるときに更新の予定です。

tripuuulogo.png



5.当ブログ→幼稚園教諭だった私が書いていた
  新ブログ→無職の私が書いている


ということで、読者さんの層がまったく違し、ブログの趣旨も違うので、ここで、新ブログの紹介は控えます。



もし、いつかネット上で「ふくちゃん」を見つけたら、

「あー、あの人かー」くらいに思っていただければ嬉しいです。







では、またいつかどこかで。



ブログ管理人:ふくちゃんより





スポンサーサイト

無料ブログからの脱却!ワードプレスに手を出してみた。

このブログはFC2という会社の無料ブログを使って書いています。

アメブロとかライブドアとか無料でブログを持てるますよね。使っている人多いと思います。



無料でできるから、気軽にブログを始めることができて、大きな問題もなく何年もFC2で続けこれました。




が。


何年も慣れ親しんだFC2ですが、しだいに物足りなさや不満を感じることが多々でてきました。

無料ブログだとカスタマイズも限られるし、「こんな広告載せないでよ」という意志に反した広告が強制的に表示されてしまいます。




「一国一城の主」になりたい。。。。


ある程度、長期間ブログを運営しているブロガーだったら自然な感情なのでは?と私は思います。




言い換えれば、

「オーストラリアでずっとシェア生活をしていてたけど、自分ひとりで住んでみたい」


私の場合、「FC2ブログ」というオーナーが設定したルールのもと、ブログ生活をしていたんです。

そろそろ自立かなと思い始めました。




そこで、ワードプレスでブログを作ってみようと決めて、サーバー申し込んで、ドメイン取って、ワードプレスをインストールし、
晴れて一国一城の主になりました。


「幼稚園の先生」という立場がなくなった今、ブログの内容も変えようと思い、単なる日記ブログで終わらないものを作っていけたらと考えてます。



公開できる状態になったら、こちらで「ブログお引越しの連絡」をさせてもらいますね。




「ワードプレス」という新しい世界の扉が開き、こんな便利なブログシステムがあったのか!?と驚きと喜びに満ちた生活を送っています。




にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 




旅行サイトtripuuu、シドニー情報書いてます。

tripuuulogo.png


Facebookページ (ブログ、サイトの更新情報はこちらから)
ふくちゃんのたわごと



シェアメイトの引っ越し後、私たちは老夫婦みたいな気分になった

去年の4月から1年以上一緒に住んでいた留学生のシェアメイトが学校が修了し、ついに我が家から引っ越しをしました。



、、、、、娘が嫁いでいった気分です。



久しぶりに同居人と二人の生活に戻り、すっかり老夫婦気分。



(いや、この画像はちょっとおおげさ)



からっぽになったシェアメイトのお部屋に入ってみたら、ほんのりアロマキャンドルの香りがしました。女の子の匂いです。

一方、私たちのお部屋は同居人のかつお節に似た加齢臭が漂っています。




シェアメイトをネットやフリーペーパーで募集したことはなく、なんらかのご縁があった人が我が家のメンバーになっています。友達の友達とか、同僚の知り合いとか。


シェアメイト仕様のお部屋ではないので、机もないし、収納もほとんどないから、大っぴらに募集ができないんですよ。
本当、寝るだけのお部屋です。





これからは、突然泊まりに来る友達や、うちで酔いつぶれた友達のためのセカンドベッドルームになりそうです。





シェアメイトがいなくなって2日。

「ちゃんとご飯を食べているのか」と幾度となく彼女の食事を心配する同居人。

「LINEしてみる?」と私。

「いや、やめとこう。忙しいかもしれないし」


これじゃ、本当に老夫婦だ。




息子や娘の里帰りを心待ちにする親の気持ちって、地元を離れて自立したことを喜ぶ半面、「帰ってこい」とは言えないもどかしさなのかもしれない。



にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 




旅行サイトtripuuu、シドニー情報書いてます。

tripuuulogo.png


Facebookページ (ブログ、サイトの更新情報はこちらから)
ふくちゃんのたわごと


父の日の存在感の薄さの理由ってなんだろう

farthersday.jpg



今週末は日本は父の日だそうで。

(オーストラリアの父の日は9月)


毎年思うのですが、「母の日」には花やらお菓子やらを贈ろうと思うのですが、父の日って微妙に存在感が薄いんですよ。


何を贈れば父が喜ぶのかわからないからかな。



お酒も飲まない、タバコも吸わない、ファッションにも興味がなければ、食べものにもたいしたこだわりもない。


楽天をのぞいてみたら、父の日のプレゼントはウナギやお酒が人気みたいだけど、どっちも父が好きなものではないし。





どの商品もいまいちピンとこなかったから、まぁ、父の日のプレゼントはいらないか、、、、と画面を閉じようとしたとき、

「待て。俺が選ぶ (`・ω・´)」と同居人。



しばらくして、



「アイスクリームだ!ダディは夕飯のあとにアイスを食べし、これだったらマミーも食べる」



うちの両親、ダディだマミーだっていう顔じゃないんだけどね。英語ではそういうから仕方がない。




でもって、注文したのがこれ。
決めては「送料無料」と「500円引きクーポン」(笑)


父の日 ハーゲンダッツ アイスクリーム 父の日スペシャル ギフト セット お中元 お礼 お返し 内祝い 出産祝い お祝






家事・育児は女性、お金を稼ぐのは男性、という一昔前の典型的な日本人家庭で育ってしまうと、母が面倒を見てくれたと思ってしまうんですよね。



だから大人になって自分で稼いで、自分で家賃や生活費を払うようになって、父のすごさがわかるのかもしれません。



まぁ、私は父の日の贈り物を今年もスルーしてしまうところだったのですが。




にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 




旅行サイトtripuuu、シドニー情報書いてます。

tripuuulogo.png


Facebookページ (ブログ、サイトの更新情報はこちらから)
ふくちゃんのたわごと




似たもの同士でつがいになる

tsugai.jpg





よくありそうでなかったけど、ついに私の周りでも起きたか!という事件があった。



時々、ご飯を一緒に食べたりBBQをしたりとお友達付き合いをしていたオージー男性(69)が数年前に再婚をし、奥さん、彼女の連れ子と穏やかな日々をしばらく送っていた。




でだ。


2週間前に、奥さんは子どもを連れて家を出ていった、


パブで知り合った若い男性と駆け落ち状態。


銀行口座からは高額のお金が引き落とされ、しかもその奥さん最近オーストラリアの市民権が取れた矢先。





はい、こっちに長く住んでる在住者だったらなんとなくピンときますよね。




奥さんは某C国、大陸出身。旦那とは20歳以上年が離れています。
いわゆる偽造なんちゃらですよ。金目的、ビザ目的ってやつ。




こういう話、よく聞くけど現実として起こり得ることなのか?と思ってたけど、ついに自分の友達が引っかかってしまいました。






この夫婦の場合、奥さんを紹介された時から「んー、、、、、?」っていう何ともいえない違和感がぬぐえなかった。
本人たちは幸せそうだったけど。




カップルとか夫婦ってどこか似てる。
お互い文句を言いながらも、はたからみれば「お似合い」なんですよ。



まさしく「類は友を呼ぶ」なんです。




だから、この夫婦、「あんたらは類じゃねーだろ?」感がね、、、、半端なかった。


国籍が違うとか年齢差がある、なんてことじゃなくて、発している波動が違う。
あー、なんか抽象的にしか言葉が出てこないんだけど、なんとなくわかります?




実はこの一件で、詳しいことは省くけど、警察沙汰、裁判沙汰になってて、私はまったくの部外者だけど自分の父親より年上の男性が悲しんだり、苦しんだりしているのが本当につらかったし、腹立たしい。






でね、何が言いたいかというと、


自身の感覚を信じることも大切だけど、


彼氏、彼女ができたら早い段階で友達や親に紹介して、第三者からの意見を聞くって、重要なんだなってこと。



やっぱり熱に浮かされている時って判断力が鈍るしね。



外国人の彼だから親と言葉が通じない、っていう心配はしなくて大丈夫です。
言葉が通じないからこそ、伝わるものってあるんですよ。



言葉ではいくらでも取り繕うことができても、ちょっとした気遣いや、ふとした態度にはその人の人柄が顕著に現れます。







あー、なんか久しぶりに「書き殴る」スタイルのブログ更新になってしまいましたが、ちょっとすっきりしました。




そーいうんじゃなくって、平和な国際結婚生活のお話を読みたい方はこちら。

にほんブログ村テーマ 国際恋愛&結婚 海外生活へ
国際恋愛&結婚 海外生活



にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 




旅行サイトtripuuu、シドニー情報書いてます。

tripuuulogo.png


Facebookページ (ブログ、サイトの更新情報はこちらから)
ふくちゃんのたわごと


プロフィール
2001年ワーキングホリデーでオーストラリア・シドニーへ。 留学代理店勤務を経験後、いろいろ思うところもありチャイルドケアの専門学校へ入学(当時32歳) クラスメイトに宿題や試験勉強を手伝ってもらい、他力本願で幼児教育の資格をなんとか取得。運良く現地の幼稚園に就職が決まり、てんやわんやの毎日を過ごす。趣味;ゲーム(龍が如くシリーズ)飛行機鑑賞 

ふくちゃん in Sydney

Author:ふくちゃん in Sydney

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
★シドニーのお仲間さんたち★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。