HOME   »  幼児教育
Category | 幼児教育

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の日の贈り物




現在、こういうことになっていて、

速報!【2017年は無職】ロングバケーション始まりました

ちょっと話はさかのぼるんだけど、、、、


勤め先の幼稚園の最後の日に、クラスの女の子からクッキーを渡されました。

仕事が終わったあとに空港に向うことを伝えていたその子の保護者から、

「飛行機の中で食べてね」というメッセージとともに。




アイシングで日本の国旗を描いたクッキーでした。しかも、プラスティックの箱3個分。



なんなの、この心遣い!?と、驚くほど感動。



最終日の一日はバタバタと過ぎていき、感傷に浸る間もなかったのですが、ここでの7年間の思い出が走馬灯のように脳裏に駆け巡りました。(死ぬわけじゃないのにね)




仕事から離れて1か月。



時計を見るたびに、「今頃は外で遊んでる時間だな」とか、「おやつの時間だな」とかいちいち子どもたちが何をしている時間か考えてしまいます。



にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 




旅行サイトtripuuu、シドニー情報書いてます。

tripuuulogo.png


Facebookページ (ブログ、サイトの更新情報はこちらから)
ふくちゃんのたわごと





スポンサーサイト

カビのはえたカッパ巻@シドニーの幼稚園




ある日の花金。


着替えが必要な子の洋服を取りに行こうとおもって、その子のロッカーにあるバッグを開けたら、何ともいえない異臭が漂ってきました。


匂いの原因は、しばらく放置されていたと思われるパック入りの海苔巻き。



ランチにスシロール持ってくる子、多いんです。



なんだか色が変、と思ってよく見てみたら、カビはえてました。




カビ。。。。。
食べものに生えてるカビ久しぶりに見た。




で、ふと、

「あれ?これって、雨季のカンボジア・アンコールワットの苔のはえた遺跡に似てる」と思いついたんです。


雨季のカンボジアは最高です。
それに一役買っているのが、遺跡にはえた苔なのです。





本当、旅心というものは些細なことで湧き起ってきてしまうから困ったもので、カビのはえたスシロールから意識はカンボジアまで飛んでいきました。




よし、雨季のカンボジアを再訪しよう、と思い立ったものの、今のカンボジアは乾期でした。



にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 


老化や劣化が気になるお年頃





ショッピングセンターをうろちょろしていると、卒園した元生徒と元保護者にばったり会うことがあります。


この前、7年前の生徒に声をかけられ、一瞬戸惑いました。
私より身長が高くなってるし、顔つきも大人びていたので。



私を見つけて声をかけてくれるのはすごくうれしい。




その子のお母さんはぜんぜん変わってないのに、子どもは7年前とぜんぜん違う。
その子が一人で歩いていたら、もしかしたら気付かなかったかも。




ふと、思ったのですが、私の容姿が変ってしまったら、こうやって声をかけてもらうこともなくなってくるのでは???




おばさん体型に一歩足を踏み入れているし、スキンケアもたいしてしていないのはやばいよね。




15年前に知り合ったパートナーに、
「私は変わった?」と聞いてみたところ、



「太ったよね、あの頃は華奢だった」




ほう。 そうきたか。


にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 

頭の良い人のマネをしても、やっぱり私はダメだった




職場の幼稚園から宿題を出されています。


幼児教育のプロとしての今年の目標、みたいなものを設定しなければならず、

「5キロ痩せる」とか「現状維持」じゃダメなんですよ。




小難しいことを細々と書かなければならず、はぁ、めんどくさい、、、、でも、上司にも見られるのでちゃんとやらなければ、、、、





そこで、自分が言いたいことを専門的に書いてある資料を読みながら、作業を進めていこう、と思ったんです。




そして、「頭の良い人みたいに大切なところに蛍光ペンで線を引こう」 




その結果、ページのほとんどが緑に染まりました。

20greenhighlight2.jpg




頭の良い人は、何が大切かをわかっているから、そこに蛍光ペンを引けるのです。


私は何がなんだかわかっていないので、すべてが大切なことのように思えてこんなことになってしまうのです。


緑の蛍光色だらけになったページを眺めながら、びっくりしました。




ワードで書類を作ると、スペルミスを知らせる赤線がぶわぁーと現れ、マイクロソフトの陰湿ないじめかと思う時もあります。





それでも、どうにかこうにか、シドニーで働き、暮していけているってことは、周りの人に相当迷惑をかけつつ、相当助けてもらっているからでしょう。





そろそろ、人を助ける側になって、徳を積んでいかないと天国に行けないんじゃないかと心配になる月曜日の夜です。



にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 



バレンタインデー@シドニーの幼稚園

世間ではバレンタインズでしたね。


去年は掃除機、今年は扇風機をもらいました。その前は、ホットプレートだったような。


花や貴金属より電化製品の方が興味があるので、うちらはこれでいいんです。






職場の幼稚園では4歳児がすでに「バレンタインデー」を意識してるのにはびっくりしました。


「先生はワイフ?」、と唐突な質問をしてきた女の子がいて、

「ううん、結婚してないよ」と正直に答えると、


「じゃぁ、ボーイフレンドはいるの?」


「いるよ。」とこれまた正直に答える。



4歳のオージーガール、はにかみながら、

「じゃぁ、今夜はバラのお花をもらうの?」 (オーストラリアでは男性が女性に花を贈るのが一般的)



私 「どうかな~、先生はバラよりチョコレートの方がいいなぁ」



なんて、話をしてたんですよ。




そうしたら、私の中指の指輪に気づき、興奮気味に、


「その指輪、彼氏がくれたの!?」



私 「うん、お誕生日にもらったんだよ」




すると、オージーガール、指輪を凝視してこう言いました。



「小さいダイアモンドだねぇ~」




そうか、小さいか。。。。








保護者の方からはコーヒーメイカーとコーヒー豆を頂きました。


アメリカ製の、「The Best Coffee maker」という製品。

14cofeemaker.jpg




開封してないのに、コーヒーのいい香りがします。絶対おいしいに決まっている。

14coffeebeans.jpg





コーヒー豆を粉にする機械(?)を持っていないんだけど、どうすればいいんだろう?





にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 

プロフィール
2001年ワーキングホリデーでオーストラリア・シドニーへ。 留学代理店勤務を経験後、いろいろ思うところもありチャイルドケアの専門学校へ入学(当時32歳) クラスメイトに宿題や試験勉強を手伝ってもらい、他力本願で幼児教育の資格をなんとか取得。運良く現地の幼稚園に就職が決まり、てんやわんやの毎日を過ごす。趣味;ゲーム(龍が如くシリーズ)飛行機鑑賞 

ふくちゃん in Sydney

Author:ふくちゃん in Sydney

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
★シドニーのお仲間さんたち★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。