HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ひとりごと  »  航空会社ジプシーからの脱却を決めたのはANAの機内食でした

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空会社ジプシーからの脱却を決めたのはANAの機内食でした




一時帰国のたびにいろいろな航空会社を使ってきました。
日系航空会社のJAL、ANAはもちろん、シンガポール航空、大韓航空、アシアナ航空、ガルーダインドネシア航空、ジェットスター、キャセイパシフィック、カンタス、ベトナム航空、、、、、、


20代、30代の体力と好奇心があった頃は「その国の空港が見たい」という理由で、アジア系の航空会社を利用し、空港で数時間のトランジットを楽しんでいました。


結果、シンガポールのチャンギ空港にまさる空港はない、ということがわかりました。


ここ数年は直行便を選らんでいます。
ANAが就航する前はJAL愛用者でしたが、JALは朝便、成田着なのでちょっと不便だったんですよね。
(朝便、苦手だし、成田だと実家まで遠い)



2015年末からANAが就航し、夜便、羽田着と私にとってはパーフェクトなフライトなのです。
金曜日、仕事が終わって、空港へ向かうタクシーで過ごす数十分。この時間がなんとも言えない開放感で、普段だったら面倒くさいタクシーの運ちゃんとの会話もなぜか優しく対応できます。



というわけで、今回もANAを使って一時帰国したわけですが、機内食がすごくよかったんですよ。



シドニー→羽田がカツカレー。真夜中にカツカレーを食べているという罪悪感がたまらない。
30anameal1.jpg




羽田→シドニーがちらし寿司。具だくさんでふつうにおいしい。
30anameal2.jpg



私の場合、年に数回の飛行機利用なので、上空で食べるご飯って記憶に残ります。


基本的に飛行機は一人で乗るので、周りは知らない人が大勢いて、知らない人たちと同じごはんを食べているという非日常的な風景も旅の醍醐味かと思っています。




ANAのシドニー・羽田便は、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーとすべての座席クラスを制覇しました。


こちらの航空会社の回し者じゃないけど、地上サービス、ラウンジ、機内サービス、フライトスケジュール、どれをとっても他の航空会社にはないアドバンテージを兼ね備えてて、これからは浮気をせずにANAに乗り続けよう、と固く決心させたのは、





カツカレーのおかげです。




とんかつとカレーを組み合わせた素晴らしい食べ物、カツカレーを機内食にもってくるなんてにくい演出です。




機内食はこちらからチェックできます。ANAに乗る方、興味がある方はどうぞ。
http://www.ana.co.jp/wws/au/j/asw_common/serviceinfo/international/inflight/




にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村






旅行サイトtripuuu、シドニー情報書いてます。
tripuuulogo.png




Facebookページ (ブログ、サイトの更新情報はこちらから)
ふくちゃんのたわごと



関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
2001年ワーキングホリデーでオーストラリア・シドニーへ。 留学代理店勤務を経験後、いろいろ思うところもありチャイルドケアの専門学校へ入学(当時32歳) クラスメイトに宿題や試験勉強を手伝ってもらい、他力本願で幼児教育の資格をなんとか取得。運良く現地の幼稚園に就職が決まり、てんやわんやの毎日を過ごす。趣味;ゲーム(龍が如くシリーズ)飛行機鑑賞 

ふくちゃん in Sydney

Author:ふくちゃん in Sydney

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
★シドニーのお仲間さんたち★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。