HOME   »  日常生活
Category | 日常生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オーストラリア」「財布」から連想されるブランドといえば

土曜日の朝、ゆっくり寝ていたいのに同居人に起こされました。

「おい、DFOへ行くぞ」


(DFO=シドニー西部、Homebushにあるファクトリーアウトレット)



財布をお土産で欲しいという私の父のためとのこと、ってのはきっと言い訳で、自分が行きたいだけなんだと思う。




DFOについては去年旅行サイトで記事にしているので、こちらを参考に。

シドニーのアウトレットモール【DFO】で免税店よりお得にブランド品をゲットしよう




「オーストラリア」「財布」のキーワードから連想されるブランドといえば、

OROTON


OROTONについても旅行サイトで紹介してたので詳しく知りたい方はこちら。
オーストラリア発、老舗ファッションブランド【OROTON (オロトン)】普段使いにもぴったりなシンプルなデザインが人気!




庶民の私でも手が届く価格帯なのに安っぽく見えず、さらに、60%、70%オフなんですよね~。
ありがたいです。




父のリクエスト、2つ折りで黒か茶色。


これでいいか。定価の60%OFFです。

18orotonwallet4.jpg



開くとこんなかんじ。

18orotonwallet5.jpg



これだけ持ってレジに並ぼうとしたのですが、

「2つ買えば20%OFF、3つ買えば30%OFF」というオファーに乗せられ、





シンプル極まりないこちらの財布も購入。こちらは定価の70%OFF

18orotonwallet3.jpg


18orotonwallet2.jpg




アウトレットのセール品でもちゃんと箱に入れてくれます。現品ではなく新しいものを倉庫らしきところから持ってきて、レジで渡してくれます。

18orotonwallet1.jpg



ネットでもアウトレット価格で購入ができます。かなり割引されてます。
http://www.oroton.com.au/outlet-womens/bags/?gclid=CL7ro56T4NICFZwEKgodxpoJdQ





番外編

同居人が「ジャパンカラーだから」という理由で購入したショートパンツ。Ben Shermanという聞いたことないブランド。

18bensherman.jpg


これを履いて日本に遊びに行くそうです。


日本での衣装より、航空券の購入が先だと思うんだけど。


にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 

【休職6日目、7日目】本の虫

6indonesia.jpg




ウイルス性の結膜炎ですと、外出も控えなきゃいけないし、友達にも会えないし、ひたすら家でおとなしく過ごすしかないんです。



こんな時はインドネシア語の復習だ!っつーことで、再開しました。




あと、できることと言ったら、本を読むことくらいでしょうか。
休職してからというもの、1日一冊ペースです。

仕事をしていると本を開く前に寝てしまうことが多いので良い機会でした。




曽野綾子さんの書く文章はぐさぐさ胸につきささる。

7ningennitotte.jpg




マンガで読める「7つの習慣」 自己啓発系は読み返さなければ意味がありません。これはさらっと読めちゃうのでおすすめ。

6nanatsuno.jpg





ミニマリスト佐々木典士さんの本にはシンプルに暮すヒントがちりばめられていて参考になります。

6bokutachini.jpg




江国さんの描く現実感が希薄な女性に憧れます。南米が舞台のお話で、マテ茶が飲みたくなる作品。

6konpeitou.jpg




ドラマにもなった山崎豊子の「運命の人」 山崎さん以上に夢中になれる作家にまだ出会えない。

6unmeino.jpg




休職6.7日目は目の充血も取れ、体調も普段通りに戻り、罪悪感を覚えながらの自宅療養でした。



お医者様から命じられている休職期間は8日。



次回、休職シリーズ最終回!



にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 

【休職5日目】健康は楽天でもAmazonでも買えない

netshopping.jpg



休職5日目。
楽天から送られてきたメールで、貯まったポイントの有効期限が翌日に迫っていることを知りました。



目の調子はだいぶ良いです。

外出は控えていますが、体調は普段と変わりません。免疫、Good Job!



今までのあらすじ
【休職1日目】悲報、ドクターストップ

【休職2日目】課されたミッション

【休職3日目】私の代わりはいくらでもいる、という安心感

【休職4日目】弱っている者に手を差し伸べることは一種のエンターテイメイトなのかもしれない




12月に楽天トラベル経由で予約した台湾のホテルのポイントががっつりたまっていましたが、期間限定ポイントで有効期限がかなり短いものだったんですよ。




特に欲しいものはなかったけど、5000円分のポイントを無駄にするのももったいないので、本や化粧品を買いました。
期間限定ポイントだとANAのマイルに移行することもできないし。



海外発送するほど急ぎでもないので、日本の実家に送付手続き。





いまさらですが、楽天って何でも売ってます。


でも、「これが欲しい!」と思うものってないんですよね。





5000円分のポイントを消費したいがために、何時間もネットショッピングに費やしてしまいました。

アホですね。


頭のいい人だったら、5000円を放棄してもっと有益なことに時間を使うのでしょう。





楽天に健康とか免疫力が売ってればすぐに買うのですが。
5000円じゃ買えないか。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 




【休職4日目】弱っている者に手を差し伸べることは一種のエンターテイメイトなのかもしれない





今までのあらすじ

【休職1日目】悲報、ドクターストップ

【休職2日目】課されたミッション

【休職3日目】私の代わりはいくらでもいる、という安心感




というわけで、休職4日目。


ほら、私、ウイルス保持者じゃん?(ここまでくると開き直る)


だから家に引きこもってるわけですよ。


でも、「自宅療養」という言葉を使うのはおこがましいほど、体調はそこまで悪くないんです。


かといって、友達とお茶したり、おしゃべりしたりはできないので、ブログだけが私と社会を繋ぐ手段なのです。




旅行サイトtripuuuでもライターをさせてもらってますが、今月はゆっくりペースになりそう。


バナーをクリックすると私の記事に飛びます。ネタください(笑)

tripuuulogo.png



ブログとtripuuuの更新情報はこちらのFacebookページで。「役に立つなぁ」より「どうでもいいなぁ」感満載ですが、よかったら。

ふくちゃんのたわごと







さて、、、、


同居人であるパートナーは自宅勤務。

休職が始まってから、毎日かなり長時間顔を合わせているわけです。

それほど嫌な感情はありませんが、24時間一緒っていうのはちょっと。。。。




というのも、同居人、「弱っている者に手を差し伸べる」という状況に酔いしれていると思うんですよ。




私、結膜炎ってだけなので、普通に動けるし。





なぜか夕飯にお粥を作ってくれます。 胃腸は弱ってないよ。

4congee.jpg



それなのにケーキやプリンは買ってきます。

4armondcake.jpg




きわめつけがこれ。

4bedtable1.jpg



「ふくちゃんの為にちょうど良いものを見つけてきた」と意気揚々と組み立てる同居人。

4bedtable2.jpg



ベッドでご飯食べるようのテーブルでした。

4bedtable3.jpg



しつこいようですが、私は結膜炎。
骨折して身動きがとれないわけでも、貧血やめまいがしてベッドからでれないわけでもない。



それなのに、こんなものを買ってきやがって。





同居人が体調を崩したあかつきには、紙おむつを渡してやろうじゃないか。




にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 

【休職3日目】私の代わりはいくらでもいる、という安心感

休職3日目の早朝、不思議な夢を見ました。


カンボジアで見学したクメール王朝時代の仏像が、

「うどんを食べればおぬしの目はよくなるのじゃ」 って言うの。




なんことやらわからない読者さんはこちらか読んでね。

【休職1日目】悲報、ドクターストップ

【休職2日目】課されたミッション





「うどん」というありがたいお告げを頂いたからには、試しましょうや。うどんと麺つゆは常備してあるし。

3udon.jpg




さらに、

免疫を上げるのが今のミッションなので、1人カラオケをリビングで開催。


ドリカムのDVDをかけて熱唱。

3dreDVD.jpg



3日目の目の調子はまずまず。
痛みはほとんど引いたけど、まだ目は真っ赤。

まだ完治までには時間がかかるかなぁ。





3日も休んでいると、働いていない自分がだめ人間になっていくような感覚になります。
いい年して社会参加していない罪悪感というか。



たまっていた病欠休暇をつかっているから、お給料も通常通り支払われるし、税金だって払っている。
今は休むことが権利であり義務でもあるとわかってはいるんだけど。






で、ですね。


私がいなくても職場はちゃんとまわっているんです。



3歳~5歳のクラスだと、10人の子どもに対し1人の先生が付かなければならない決まりになっているのですが、スタッフが休暇をとるときは、カジュアルで契約している先生が代替えで働いてくれます。



つまり、私が一人休もうが、まったく問題はないんですよね。




これって、淋しい気持ちもありつつも、すごい安心感。


私は何の心配もしないでうどんを食べたり、「未来予想図」を歌っていればいいんです。





毎朝、私が抱っこしないとママと別れられない子や、私の後をついてまわる子も、代替えの先生とうまくやっているでしょう。






「自分の代わりはいない」と信じ込んで、心身の不調を訴える日本で働く日本人たち。



私の代わりがいるように、あなたの代わりもいるんです。

体調が悪いときは休みましょうよ。




にほんブログ村 海外生活ブログ シドニー情報へ
にほんブログ村 
 

プロフィール
2001年ワーキングホリデーでオーストラリア・シドニーへ。 留学代理店勤務を経験後、いろいろ思うところもありチャイルドケアの専門学校へ入学(当時32歳) クラスメイトに宿題や試験勉強を手伝ってもらい、他力本願で幼児教育の資格をなんとか取得。運良く現地の幼稚園に就職が決まり、てんやわんやの毎日を過ごす。趣味;ゲーム(龍が如くシリーズ)飛行機鑑賞 

ふくちゃん in Sydney

Author:ふくちゃん in Sydney

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
★シドニーのお仲間さんたち★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。